2月21日(木)-読書会

当店でも3年ほど前から、月1回か、2ヵ月に1回のペースで読書会を開いています。

2月21日(木)午前中、読書会がありました。

現在のテキストは志賀直邦氏の「民藝の歴史」。

 

うちの読書会はまず会の初めにメンバー4名(私も初回から参加)でじゃんけんをして順番を決め、前回終了時にみんなで決めた範囲まで、時計周りで読み続けるというスタイル。終了後はフリートークで、思ったこと、疑問などをざっくばらんに話し合っています。

前もって決められた範囲を各自家で読んでおいて、当日会にのぞみます。この日の範囲はP227~P260「23章 美の法門」、「24章 ホームスパンのことなど」、「25章 民藝運動の担い手たち」。

私自身、今回の「23章 美の法門」で、とても興味深い言葉に出会いました。

北鎌倉の寿福庵で、柳宗悦氏は等楊禅師の印がある美しい一軸に出会い、民藝館のため手に入れたいと思います。そのあと柳氏はこの軸が雪舟のものだと気づき、「私にとって印があってもなくても同じなのである」と言います。そして、民藝の仲間からの「民藝と雪舟とどういう因縁があるのか」という質問に対しては、「私はかつて一度なりとも民藝品にしか美はないなどと言った覚えはないのである」と応えます。「私達の立場はもっと自由なのである。美しいものは美しいのである。民藝品だから美しいのでもなく、民藝品でないから醜いのでもない」さらに、「そういう自由な見方を持ちうる時にのみ、民藝美が見えるのである」とも。

・・・なるほど~ そういうことだったんですね(・。・)

 

◆・・◆・・◆・・◆・・◆・・◆・・◆・・◆・・◆
次回は4月25日(木)10:10~11:40です。
参加者募集中です。
ご興味のある方は(042)505-5702までお電話ください。
次回テキスト/「民藝の歴史」(ちくま学芸文庫)
P261~P292
著者:志賀直邦、発行:筑摩書房
◆・・◆・・◆・・◆・・◆・・◆・・◆・・◆・・◆
✻ただ今、お店は常設展示です。

22. 2月 2019 by もえぎ店主

国立夜読「民藝の擁護」に参加して


2月15日(金)19:30~JR国立駅近くの国立本店で開催されたブックトークイベント・国立夜読に参加しました。

テキストはいま駒場の日本民藝館で開催中の展覧会”柳宗悦の直感 美を見い出す力”の記念講演の講師も務められる松井健さんの「民藝の擁護」。

うちの店でも3年ほど前から読書会を開いているので、本のイベントがどんなスタイルで進められているのかという興味もあって…以前国立夜読で民藝関連の書籍がとりあげられた回につづいて、2度目の参加です。

最初にナビゲーターの「国立本店」の中西良輔さんがこの本全体の概要を説明してくださり、質問などのやりとりのあとは、参加者全員によるざっくばらんなフリートーク。

私自身は、例えば…
・柳宗悦の著書で繰り返し「名もなく、健やかで、無欲で…」と描かれる工人たちのイメージがのっぺらぼうで、リアルな姿が見えてこない。
・作家性が否定されているはずなのに、浜田庄司氏等、そのリーダーたちはそれぞれ自分の名前を全面に出して活動を行っていたではないか、などなど。
柳宗悦氏の本を読んだり、民藝館を訪れた時に感じるモヤモヤがこの一冊によってだいぶすっきり。

この国立夜読に参加したことによって、来月3月24日(日)まで開催されている”柳宗悦の直観 美を見いだす力」”(まだ行けてません)をますます興味深く観ることができそうです。

参加者それぞれが思ったことを遠慮なく自由に話せて、とても楽しい会でした。また若い方が”民藝”にどのような想いを持たれているかを知る、たいへんいい機会になりました。

18. 2月 2019 by もえぎ店主

椿の季節

ちぎり絵のワークショップの講師 下村さんから、
椿の枝をいただきました。

下村さんはご近所さん。
大先輩ですが仲よしで、よくいっしょにお茶します。

さっそく平松壯さんの花器に活けてみました。

どんな花を咲かせてくれるのでしょう✨
楽しみに毎日眺めます・・・

本日も午後7時までオープンしています。
お店は常設展示です。

17. 2月 2019 by もえぎ店主

本日のワークショップ-スクラッチボード画

午前中はイラストレーター大羽りゑさん(オーバリー)によるスクラッチボード画のワークショップでした。参加者が制作されたのは、おしゃれな椿の花のカレンダーフレーム。”今回は使えるものを”と講師の大羽さん。このフレーム、中のカレンダーをさし替えれば、年が変わってもずっとお使いいただけます。

このワークショップでは毎回講師が用意した下絵を使っていただくので、絵が苦手な方でも心配はご無用。トレースした下絵を専用の刀状の道具でひっかいて(スクラッチして)、紙製ボードの下の層の白い部分をだしていきます。

彩色はお好みで。左から講師の大羽さん、参加者のOさんとTさんの作品です。

✻スクラッチボート画のワークショップに参加ご希望のお客様は、まず(042)505-5702までお電話ください。

16. 2月 2019 by もえぎ店主

春待ちびな

あす関東では雪になりそうなのだとか。どうりでしんしんと冷えるわけです。春が待ち遠しいですね。いつもうちの店でちぎり絵のワークショップを開いてくださっている下村美代子先生。下村先生にご指導いただいて、私がちぎり絵を習いだしたころに制作した「おひなさま」を取り出してきて、お店の壁に飾ってみました。

初心者の方でも、簡単に作れます。
作ってみたい! という方、(042)505-5702までお電話を。
レッスン料は1,500円+材料費756円です。
※1回(約2時間)のワークショップで仕上がります。
材料の取り寄せに1週間前後かかります。
お早めのご連絡をお待ちしております。

08. 2月 2019 by もえぎ店主

← 過去の投稿