9月13日(金)のワークショップ

昨日の午前中、下村美代子さんによるちぎり絵のワークショップがありました。私も参加させていただき、来年の干支 ねずみの色紙を仕上げました。教材には通常の色紙サイズとミニサイズがセットされていたので、両方作ってみました。

何ともおめでたい絵柄。
額に入れると、改まった感じに。

 

 
~ご家族みんなの福を招く、干支の色紙を作ってみませんか?~
下村さんのご指導がとても丁寧なので、初心者の方も安心です✨
私が制作した教材は「令和の子(ね)」。
色紙サイズは初心者の方なら、4回ほどのレッスンで仕上がります。
教材費は1,600円+税、レッスン料は1回1,500円(税込)です。
 

 
~こんな教材もございます~
笑福の子(ね) 色紙 教材費700円+税

 

福ねずみ 小色紙 教材費1,000円+税

 

五色の子 円色紙 教材費1,200円+税

 

幸せの五鈴 ハガキ屏風 教材費1,200円+税

 

小槌の子 短冊 教材費1,000円+税

ご興味がある方は(042)505-5702まで、どうぞお電話ください。

14. 9月 2019 by もえぎ店主
Categories: ワークショップ情報 | Leave a comment

本日のワークショップ-いけ花

午前中、草月流師範守屋青翠さんによるいけ花のワークショップがありました。

花材は野バラ、ワレモコウ、トルコききょう、そしてソケイ。
ワレモコウがやって来る秋を感じさせる…
とても素敵な作品が仕上がりました。

◆・・◆・・◆・・◆・・◆・・◆・・◆・・◆・・◆・・◆
いっしょに、いけ花を楽しみませんか?
初心者、歓迎です。
■次回/10月16日(水)10:00~11:40
■会費3,200円(花材費・税込、お茶・お茶菓子付)
参加ご希望の方は(042)505-5702までお電話ください。
ご予約は10月12日(土)までにお願いします。
◆・・◆・・◆・・◆・・◆・・◆・・◆・・◆・・◆・・◆
ただ今店舗は常設展示販売です。

11. 9月 2019 by もえぎ店主
Categories: ワークショップ情報 | Leave a comment

銀座・手仕事直売所@松屋銀座

松屋で昨日からスタートした
「銀座・手仕事直売所」に行って来ました。

当店常設でうつわやタイルをご紹介させて
いただいている小島鉄平さんが、
今年も元気に参加されています。

新作もたくさん用意されています。
私はこちらの「墨はじき」のお皿が気に入りました。
「墨はじき」の東京でのまとまった展示は初めてなのだとか。

小島さんは最終日まで、ずっと会場にいらっしゃるそうです。
作り方や制作へのこだわりをご本人から直接うかがえる
とてもいい機会です✨✨

『銀座・手仕事直売所』
9月10日(火)~16日(月・祝)まで
@松屋銀座8階イベントスクエア
最終日は午後5時閉場

11. 9月 2019 by もえぎ店主
Categories: 展覧会情報 | Leave a comment

おうちごはんを楽しく 9月のおすすめ-白和え

お気に入りのうつわに手料理をのせ、食欲の秋を楽しんでみませんか。ネットでレシピ検索!は手軽ですが… わが家で出番が多いのは若い頃に通っていた土井勝料理教室のテキスト。簡単で美味しく、今ほど材料が豊富でなかった時代ならではの暮らしの知恵を知ることができます。


今月のおすすめは「白和え」。最近は無花果やマスカット等を使った、オシャレな白和えなども登場していますが、ご紹介するのはごくスタンダードな白和えです。

【材料(6人分)】
大根5㎝(約60g)
にんじん1/4本(15g)
干しいたけ2枚
こんにゃく1/3丁(80g)
豆腐1/2丁(150g)
ごま大サジ2
白みそ30g

【作り方】
① 大根、にんじんはせん切りにして塩でもんで、しなやかになったら洗って水気を絞っておく。
② 干しいたけは水にもどして軸をとり、せん切りにして鍋に入れ、
つけ汁大サジ1、しょうゆ小サジ1/2、酒小サジ1で味をつけ、弱火で炒りつけておく。
③ こんにゃくは下処理をして、せん切りにして炒りつけておく。
④ 豆腐は巻き簾に包み、洋皿を2枚約10分のせて水気を切る。
⑤ ごまを香ばしく炒り、油がでるまで摺って、豆腐を加えてさらに摺り混ぜ、白みそ30g、みりん小サジ2、砂糖小サジ1、塩小サジ1/4、薄口しょうゆ小サジ1で味をつけてすり混ぜる。
⑥ ⑤の中に①②③を入れて混ぜて、小鉢に盛る。


うつわは平松壯さんの灰釉小鉢。
土のぬくもりや味わいが楽しめるうつわです。
直径14×高さ5.2㎝


私が若い頃に通っていた土井勝料理教室のテキスト。あちこちにほころびのある年代ものです。厳選された家庭料理の数々。混ぜるだけで出来る本格料理!など手軽さを謳ったレトルトのソースや〇〇の素などがあまりなかった時代のテキストなので、家にある基本的な調味料で、美味しい料理が作れるよう工夫されているのもうれしい。ご紹介の「白和え」の掲載はP103 文字数が多くなり過ぎるので、作り方の表現の一部を省略しています。
※テキスト掲載の材料の一部(芽じそ、味の素と思われる調味料)も省略しています。


ただ今店舗は常設展示販売です。平松壯さんの鉢や皿、花器などをご紹介しています。

07. 9月 2019 by もえぎ店主
Categories: おうちごはんを楽しく | Leave a comment

本日-読書会

午前中、2カ月ぶりの読書会がありました。

範囲はテキスト「民藝の歴史」P367~最後まで。35章「手仕事の現在と個人作家の仕事」、36章「これからの民藝運動」、そしてあとがき。このテキストの1回目は平成29年11月。メンバーが少ないため(途中からの参加者1名、現在私を含めて計4名)、メンバーの体調が悪かったり、都合がつかない場合は延期や中止と… とってもゆる~く続けてきただけに、みんなでいっしょに一冊の本を読み終えた喜びはひとしおでした。

“この本のおかげで、民藝のことがとても良くわかった”、”ひとりでは読み切れない本が読めた”というれしい言葉もいただきました。

次回の読書会のテキストが決まりました!今までと少し違う著者のものをと話し合ってきましたが、やっぱり柳宗悦でした。

柳宗悦「茶と美」(講談社学術文庫)

※「茶と美}初回 10月23日(水)10:10~11:40
範囲は最初からp44までです。新メンバー募集中!
読書の楽しさをどうぞごいっしょに。
参加をご希望の方は(042)505-5702までお電話ください。

06. 9月 2019 by もえぎ店主
Categories: ワークショップ情報 | Leave a comment

← Older posts