本日ー読書会

外はひどい雨でしたが、、、開店前の午前10時10分~11時40分は「読書会」でした。第1回目は昨年の6月だったので、当店の読書会は今月から2年目に入ります。本日はテキスト「民藝とは何か」のP99~P132 “日本民藝館について”と、”民藝の性質について”でした。”日本民藝館について”では、他の美術館とのちがい、民藝館と名付けた理由、必ずしも民藝品ばかりを並べているわけではない理由などが情熱をもって語られています。これまでぼんやりと感じていたことが、本を読むことによって明快に。つくづく本は読んでみるものだなぁと実感しました。次に民藝館を訪れた時、今までとちがった眼で鑑賞が楽しめそうです。

※・・※・・※・・※・・※・・※・・※・・※・・※・・※
次回は7月15日(土)10:10~11:40です。
ご興味のある方は(042)505-5702までお電話ください。
次回テキスト/「民藝とは何か」(講談社学術文庫)
著者:柳宗悦、発行:講談社
※・・※・・※・・※・・※・・※・・※・・※・・※・・※

22. 6月 2017 by もえぎ店主

産地もの特別企画「砥部焼フェア」-5日目 WEBギャラリー③だし入れ

大きな花が呉須(磁器の染付に用いる藍色顔料)で、勢いよく描かれただし入れ。カタチも愛らしく、フタ付きなので中にホコリが入らず衛生的です。冬は鍋料理のだし入れに。今の季節はおそうめんのつゆ入れにどうぞ。


直径9×高さ17㎝

/////////////////////////////////////////
産地もの特別企画「砥部焼フェア」
■開催中 6/25(日)まで  ※会期中無休
■12:00~19:00  最終日18:00
/////////////////////////////////////////

21. 6月 2017 by もえぎ店主

産地もの特別企画「砥部焼フェア」-4日目 WEBギャラリー②5寸皿

今回のフェアにご協力いただいている都心で三代つづく焼物問屋さんは、料理屋さん、お寿司屋さん、うなぎ屋さんといったお店に、うつわを卸してこられました。問屋さんが”メロン皿”と呼ぶこのうつわは、そんなお店の特徴が感じられる商品。和風、洋風どちらにも使え、さり気なさの中にモダンなセンスが息づいています。


直径15×高さ3.8㎝

/////////////////////////////////////////
産地もの特別企画「砥部焼フェア」
■開催中 6/25(日)まで  ※会期中無休
■12:00~19:00  最終日18:00
/////////////////////////////////////////

20. 6月 2017 by もえぎ店主

産地もの特別企画「砥部焼フェア」-3日目 WEBギャラリー①土瓶

最近めっきり出番が少なくなった土瓶ですが、、、画像の土瓶にあしらわれているのは、春の七草にも数えられる”なずな”。すらりとした曲線が印象的な砥部焼を代表する文様で、つけたての一筆書きという独自の技法で、ひとつひとつ軽やかに手描きされています。


直径17×高さ24(取っ手含む)㎝

/////////////////////////////////////////
産地もの特別企画「砥部焼フェア」
■開催中 6/25(日)まで  ※会期中無休
■12:00~19:00  最終日18:00
/////////////////////////////////////////

19. 6月 2017 by もえぎ店主

本日ータイルクラフト教室もえぎ

9:30〜11:30  3名の参加者全員が天然石タイルを使った一輪挿しを制作されました。どんな色のクリスタルグラス(丸形のガラスタイル)を選ぶかで、仕上がりの印象がずいぶんちがいます。楽しい雰囲気のなか、それぞれの個性が光る一輪挿しが完成しました。


※レッスンご希望の方は(042)505-5702まで、お電話ください。

14. 6月 2017 by もえぎ店主

← 過去の投稿

新しい投稿 →