本日-読書会

開店前に久々の「読書会」がありました。本日はこの読書会3冊目となるテキスト、志賀直邦著の「民藝の歴史」第1回目。前回からだいぶ空いたので、おしゃべりも弾んで遅めのスタートに。今日読んだページには、柳宗悦(むねよし)の生い立ちと父親のこと、東西の架け橋となったバーナード・リーチのこと、浅川伯教(のりたか)・巧兄弟のことなどが当時の世相をおりまぜながら、ていねいに述べられていました。日本の歴史の中で、民藝運動がどのようなものであったのかを客観的に知ることができそうな、とてもいい本に出会えたようです。

予定していたP15~P52までいかずP43までに。次回はP44~P68までをみんなで読みます。

※・・※・・※・・※・・※・・※・・※・・※・・※・・※
次回は来年平成30年の1月27日(土)10:10~11:40です
ご興味のある方は(042)505-5702までお電話ください
次回テキスト/「民藝の歴史」(ちくま学芸文庫)
著者:志賀直邦、発行:筑摩書房
※・・※・・※・・※・・※・・※・・※・・※・・※・・※
◇現在店舗では「冬の贈りもの展」を開催中です

25. 11月 2017 by もえぎ店主