舩木伸児作 淡黄釉丸皿

島根県松江市の舩木窯を訪れ、舩木伸児さんから淡黄釉丸皿を仕入れさせていただきました。

イッチン(筒描き、スポイト描き、絞り描き)と呼ばれる装飾技法で制作された丸皿。単色でありながら淡黄釉による色味が美しく、見る者を惹きつけます。

舩木窯は宍道湖南岸の湖畔にあり、その始まりは江戸時代中期にまで遡ることができます。伸児さんの祖父にあたる舩木道忠は柳宗悦、浜田庄司、河井寛次郎、バーバード・リーチといった民藝の創始者たちと交流を通じて、独自の作風を築かれました。画像はバーナード・リーチが訪れるたびに、舩木邸のこの位置からスケッチしていたという宍道湖の風景。

現在、出雲民藝館で、伸児さんのお父様の舩木研兒展が開催されています。出品作品は個人蔵のものが多く、見応えがある展示です。好評のため、会期も7月8日(土)まで延長になりました。

26. 5月 2017 by もえぎ店主

2つのワークショップ

本日は2つのワークショップがありました。

午前10時からは守屋青翠さんによる「草月流いけ花」。芍薬を主役に、初夏にふさわしい盛花をお稽古しました。

講師の守屋青翠さんはもと「フラワーショップ菜の花」店主。草月流の師範歴40年という大ベテランです。画像はこの間立川髙島屋で開催された「草月展」の守屋さんの出品作品。草月ならではの斬新な美しさが魅力です。

※・・※・・※・・※・・※・・※・・※・・※
いっしょに、いけ花を楽しみませんか?
初心者、歓迎です!! 次回は…
■6月8日(木)10:00~11:40
■会費 3,200円
(花材費・税込、お茶・お茶菓子付)
お問い合わせ・ご予約は
お電話(042)505-5702まで。
・5/26(金)臨時休業、月・火曜日定休日
※・・※・・※・・※・・※・・※・・※・・※

午後2時からはカラーアナリスト田雑美江子さんのワークショップでした。今回は田雑さんが多彩な色彩のドレープを使って、1名の方にはシーズンカラー(その人に似あう季節の色のグループ)を、もう1名の方にはベストカラー(その人自身にぴったり合う色)を診断。参加者おふたりともご自分の好きな色と似あう色のちがいに驚かれ、田雑さんのアドバイスに熱心に耳を傾けられていました。

※・・※・・※・・※・・※・・※・・※・・※
カラー診断を希望される方は
(042)505-5702までお電話ください。
■参加費 1回3,000円
(税込、お茶・お茶菓子付)
・5/26(金)臨時休業、月・火曜日定休日
※・・※・・※・・※・・※・・※・・※・・※

25. 5月 2017 by もえぎ店主

京焼 矢羽小鉢

昔から縁起が良いとされる矢羽の絵柄が施された小鉢。手描きならではの豊かな味わい、瑠璃色と白のコントラストの清々しさが魅力です。

直径13.2×高さ4.5㎝

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
産地もの特別企画 「昭和なうつわたち」
◆明日限り! 5月21日(日)まで 
◆12:00~18:00
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

20. 5月 2017 by もえぎ店主

京焼 山水絵鉢

伝統的な山水の絵柄が品良く施された染付菱形鉢。お刺身や煮物をのせてどうぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
産地もの特別企画 「昭和なうつわたち」
◆明日、明後日限り! 5月21日(日)まで 
◆12:00~18:00 最終日18:00
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

19. 5月 2017 by もえぎ店主

美濃焼ー小鉢

刺し子の絵柄、片口のカタチが可愛い美濃焼の小鉢。朝食の卵かけごはん用の卵を入れるうつわにも活躍しそうです。

●直径11×高さ4.5㎝

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
産地もの特別企画 「昭和なうつわたち」
◆5月21日(日)まで 休/月曜・火曜日
◆12:00~18:00 最終日18:00
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

18. 5月 2017 by もえぎ店主

← 過去の投稿